ミュゼ やけど

ミュゼでやけどの症状がでたら速やかに対処すること!

 

脱毛施術の後にやけどの症状がでたら速やかに対処すること!

 

脱毛は以前と違ってかなり一般的になってきました。

 

ワキを脱毛するのはもはや常識という感じです。

 

しかし、脱毛はいつも火傷(やけど)の危険性と隣り合わせです。

 

レーザーの出力が大きすぎたり、いつの間にか日焼けしていたり、
施術時のジェルが薄すぎたりなど、火傷する原因はいくつかありますが、
火傷してしまったら何といっても速やかにケアすることが重要なのです。

 

できるだけ早めに気付くことが大切ですが、
照射後数日経ってから水疱ができたりして気が付くこともあるのが現状です。

 

今回は、なるべく早くやけどに気付くために
確認するポイントについてみていきましょう。

 

フラッシュやレーザー照射後に確認すること

 

脱毛サロンでのフラッシュや、クリニックでのレーザーを照射した直後は、
当てた場所全体が熱い感じがします。

 

はれぼったく感じる人もいるでしょうね。

 

照射部位の肌はちょっと赤みを帯びているのが普通です。

 

このときにはスタッフも自分でも
火傷に気が付かないケースが大多数でしょう。

 

ただし、照射しているときにパチッと音がする場合があります。

 

パチッとしたときは火傷しているケースが多いですが、
自分でもスタッフも音には気付くでしょうから、すぐにケアしてくれるはずです。

 

この音は正直聞きたくないですよね。

 

パチッとするとかなり不安になります。

 

照射中や、照射直後の肌が赤みを帯びた状態のときは、
自分でできることはないに等しいのですが、
他の場所に比べて妙に熱く感じるところがあったらスタッフに必ず相談してください。

 

クーリングやお肌ケアのときに確認すること

 

ミュゼなどほとんどの脱毛サロンでは、
フラッシュを当てたら冷却してくれたり、お肌ケアをしてくれます。

 

もし火傷を起こしているときには、
クーリングしたり肌ケアをしているときに分かることが多いです。

 

通常は冷却すると肌が落ち着きを取り戻してきて、
熱く感じたところもそれほどではなくなってきます。

 

でも、火傷を起こしているときには、
その部分が徐々に熱く感じるようになってくるのです。

 

肉眼で見ると、火傷をした部分だけ赤くなっている場合がほとんどで、
1センチから2センチくらいに広がっていることが多いでしょう。

 

赤みを帯びた皮膚の中心がやわらかく白っぽくなっているときは、
その後に水ぶくれができるケースもあります。

 

施術スタッフは、皮膚が赤みを帯びていれば気が付いてくれる場合もありますが、
正直なところ分からないケースもあるでしょう。

 

それと分かれば入念に冷やしてくれるはずです。

 

結局、フラッシュやレーザーを照射したときには、
施術終了後に自分でも充分に確認することです。

 

他の部位よりも熱く感じるところはないか、
赤みを帯びているところはないかチェックしましょう。

 

万が一着替えているときなどに、赤くなったりしているのを発見したら、
その時点でスタッフに相談してください。

 

決して「まあ、いいや」とないがしろにするのは止めましょう。

 

やっぱり自分の肌は自分で管理するのが一番です。

 

他人任せにするのは良くないということですね。

 

ミュゼ モゾワンダーシティ店の詳細はこちらです。